脱毛Q&A

皮膚科脱毛とは

もし、全く同じ脱毛治療を敏感肌の方と普通の肌の方が、同じように受けるとどうなってしまうでしょうか?
敏感肌の方には刺激が強すぎて肌トラブルの原因になり、普通の肌の方には今一つ結果が出ない・満足できない、そんな状態になってしまいます。
きれいに毛が無くなったとしても肌荒れが残ってしまった・・・。
一生懸命時間を作って脱毛治療に通ったのに、全く結果が出なかった・・・。
そうなってしまっては、美しくなりたいと脱毛に励んできた努力が台無しですよね。

そしてクリニックでの脱毛は流れ作業のようなマニュアル的に行っていると思われている方も いらっしゃるのではないでしょうか?

実は、全く違います。皮膚科脱毛は丁寧且つ非常に的確に行われているといえます。

具体的にお話しすると、まず脱毛前も脱毛後もお肌の状態は人それぞれです。
皮膚のことを熟知した専門家である医師が携わることで、肌の状態を細かに診察でき
患者さまごとの肌状態に適した治療を選ぶことが出来ます。
そんな医師がいることは患者様にとって大きな安心感に繋がりますね。
安心して施術を受けられることこそが非常に大切な事だと言えます。

また、カウンセリングではゆっくりと時間を取り
親身になって患者様のお悩みをお聞きします。

生まれつきのアトピーで・・・と脱毛に悩む患者さんもよくいらっしゃいますが
肌の状態や、治療の経過を見ながら施術し、毛が目立たなくなるだけでなく
肌までも綺麗になったと喜ばれる患者さんも多くいらっしゃいました。
少しでもお肌のトラブルや気がかりなことがあれば
すぐに相談、診察出来るのも魅力ですね。

痛みはありますか?

光・レーザー・針ともに痛みの感じ方は個人差が大きく、部位によっても異なります。
光やレーザーは黒いものに反応し、熱を発して毛を生成する元を破壊して効果を得ますので
ワキや腕、デリケートゾーンなどの発毛が密集している部分が痛みを感じやすいと言えます。

針は、施術をするスタッフの技術や針によって変わるとも言われていますが
基本的には毛根に直接針で電気を流すのですから、どの部位も痛みは伴います。

いずれも我慢できる程度の痛みではありますが、医療機関であれば、施術をする部分に
部分麻酔薬や麻酔クリームを使用することができますので、痛みを和らげ苦痛なく処置を行うことができます。

アトピー肌でも大丈夫ですか?

医療機関であれば、まず問題ないと言えるでしょう。エステサロン(脱毛サロン)ではお断りされるケースが
多いようです。医師の診察があるので、デリケートな肌や季節や体調による肌の変化にも順応して施術
することができます。

敏感肌だから、乾燥肌だから、アトピー肌だからというような肌状態の括りで一つの
パターン治療をおこなうのではなく、個人の肌状況に合わせながら
無理のない施術をおこなえます。
万が一、痛みやかゆみなど炎症が起きてしまっても、早急に診察し、薬の処方や通院をしていただくことで綺麗になりますのでご安心ください。

何歳から始めるのがベスト?

未成年の方でも個人差はありますが、一般的に思春期にあたる12歳~15歳の
オシャレや周囲の目が気になりだす中学生頃には半数近くの人にムダ毛が生えてくるといわれます。

この歳頃は成長期に差し当たり、ホルモンのバランスはまだまだ不安定です。
その成長ホルモンのバランスなどが発毛状態にも大きく関わり、ムダ毛の生成の周期や生える速度が
頻繁に変化するなど安定しません。

施術の回数も、通常成人の方が満足される回数よりも
未成年の方のほうが、多くかかるケースがほとんどです。
そのため、より脱毛の効果を感じられるのは、成人を迎えてからといえます。
最適な脱毛をお考えであれば、成長期を過ぎてから始めるのが望ましいでしょう。

注意事項はありますか?

光・レーザー・針ともに、熱を加えていく処置になりますので、日焼けには十分注意が必要です。
日焼けしてヒリヒリしたような状態、または火照っているような赤くなった肌は
火傷のような炎症を起こしている状態です。
その状態で施術してしまうと大いに肌へダメージを与えてしまいます。

また、赤みや火照りがなくなりその後黒くなった肌でもリスク伴うため施術を行うのは困難だと言えます。
光・レーザー機器のほとんどは、黒い色に反応し、毛の生成される部分を破壊します。
そのため、肌の色が黒いと毛以外に肌にまで反応してしまい、炎症が起きてしまうのです。
(一部の機器にはある程度肌の色が黒くても施術できるものもあります。)

また、処置後は皮膚の表面が軽い炎症を起こしているような状態となり、お肌が乾燥しやすくなりますので
保湿もしっかり行うとよいでしょう。

光・レーザー治療での施術期間中は毛抜きのご使用を中止します。
(休止期の状態にしてはいけない)
針治療は毛穴の1つ1つに処置を行っていきますので、ある程度毛を伸ばして
おく必要があります。

その他、ご心配なことなどあれば些細な事でもまずはご相談くださいね。

ワキの脱毛をすると多汗症になるの?

ワキの脱毛をすると多汗症になるといったことは、あまり根拠のない話です。
毛穴と汗腺は別にあり、毛穴からはほとんど汗は生成されません。
よく、ワキ脱毛の後に汗をかきやすくなったと言われる方がいらっしゃいますが
治療前は、毛が汗の水分を若干吸収し、汗の流れを抑えられていたのに対し、
脱毛後は毛が無くなりダイレクトに汗が流れるため、汗を感じやすくなったのだ
といえます。

脱毛できない部位はありますか?

基本的には粘膜部分以外はどこの部分も可能です。
尚、治療箇所付近に日焼けや炎症、ニキビ、乾燥などの肌トラブルがある場合
施術が出来ない場合があります。

脱毛は身体へ影響はありますか?

光やレーザーは肌表面から数ミリ程度しか当たりません。
施術後すぐは、軽い炎症を起こしたような状態になりますが、数日で良くなります。
それ以外では、特に体内への影響は全くありません。
針脱毛は、毛穴1つ1つに針を刺して電気を流していきますが、
その際に誤って毛細血管に突いてしまうと出血が起きます。

施術の痛みを軽減する方法はありますか?

希望があれば、麻酔クリームを使用しての施術が可能です。使用する機器に
よっては、使用できないものもあります。
針治療の場合は、強い痛みが伴うと思いますが、その他の治療は、輪ゴムで
肌を弾いたような痛みです。
中には「しびれたような感じはしたけれど、全然痛みを感じなかった」という
患者さまもいらっしゃいます。

処理後の肌荒れが心配です。お薬はもらえますか?

症状が気になる場合や不安やご要望があれば、塗り薬などの処方も可能です。
また、ご自宅でのセルフケアのアドバイスも致します。
炎症の状態は4日程度で良くなってきます。
治りが遅い、かゆみがあるなどの症状が現れた場合は
ご相談ください。医師が丁寧に診察いたします。

高校1年生です。脱毛をしたら何か身体に悪影響が出ますか?

未成年者の脱毛は、身体のどこかに悪影響を与えるという訳ではなく
〝ホルモンバランスなどが安定する成人になる頃にまた、ムダ毛が生えてきて
しまう可能性がある”ということなのです。

保護者の方の同意が必要となりますが、治療は可能です。

ワキの施術後、ニオイは気になりますか?

発汗しやすく感じると、汗によるニオイが気になるという方は多くいると思います。
ワキの脱毛をすると、毛が汗を吸わなくなった為か、汗が多くなったと感じられる人も
いらっしゃるかと思います。

ワキ脱毛をすると多汗症になってしまうの?という質問でもありましたが
脱毛をしたから汗をかきやすくなるということはなく、
また、ニオイに関しても、脱毛後のほうが脱毛前に比べて、
雑菌が繁殖しにくいのでニオイは発生しにくいといえます。
ですので、ワキの脱毛後にニオイが出るということはないです。

気になるところの肌の色素が濃いです。脱毛できますか?

日焼けや炎症など、肌トラブルの症状でなければ、施術可能です。
また、施術方法を選ぶ際には一部選択できない機器もあります。

体幹や腕や脚はもちろんのこと
VラインやIラインやOラインといったデリケートゾーンの周辺や
ワキ、首など肌の色が濃い部分でも脱毛できます。

レーザーや光治療は皮膚がんの原因になりませんか?

レーザーや光の照射範囲は、毛根のある皮膚表面から3~4ミリ程度の範囲まで
なので、内臓どころか、血管にも達しないくらい浅い物です。
また、皮膚ガン発症の原因とされるのが紫外線です。
レーザーや光の機器で使用されているものは赤外線ですので脱毛治療の影響で
皮膚ガンが発症するということはありませんのでご安心ください。

脱毛Q&A

『医療』と聞くと何やらいかめしい感じがしますが、クリニックでは患者さんの肌質や生活状況また個人的な要望などを細かくヒヤリングした上でその患者さんにあった施術を行うものです。

医師・看護師がそれぞれの患者さんに対応を行い効果的な施術計画から施術後のアフターケアまでよりベストなケアを提供・実施します。

医療脱毛を受ける前によくある質問をまとめました。