脱毛マップ

医療レーザー脱毛 IPL・フラッシュ・光 針脱毛 ワックス 家庭用脱毛器 カミソリ、除毛クリーム 毛抜き ダイオード+RF、医療用IPL+RF

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器

今話題の家庭用脱毛脱毛器です。
気軽に自宅で脱毛が出来る、という意味では
良いのですが、どの機器も家庭用というだけに
出力などが抑えられている可能性が高く
ましてや永久脱毛や永続的な効果は
残念ながら、望めません。

きちんとした医療機関で使われている機器は
それこそ数百万円、数千万円もするようなもので
機器のメンテナンスというものにもコストがかかって
います。

レーザー脱毛を気軽に試すという意味では、本格的な脱毛前の出費にはなりますが
抵抗感を取り除くという点では評価できるかもしれませんね。
注意してほしいのはFDAなどで認可された機器を使うように心がけて欲しいという事です。
劇的な効果を謳うような製品には気をつけてください。


機器の仕様の違いと個人差

機器の方式の違いを記載しますが、それぞれ仕様が違い、どれが良いのか?という点は個人の毛質や
相性によるので、「使ってみなければわからない」ものになってしまいますね。


フラッシュ方式の家庭用脱毛機器

いわゆるエステで行われている脱毛方式になります。


レーザー方式の家庭用脱毛器

医療用のレーザーと比較するのは実際問題とても難しいです、出力がかなり低く抑えられているので
当てる回数や、トータル的なコストを考えた上で使用した方がいいですね。


サーミコン方式の家庭用脱毛器

よく家電量販店でみかける製品がこの熱線の熱エネルギーでムダ毛を焼き切ると言われている脱毛法ですが、一部ではあまり効果がないとも言われています。


家庭用脱毛器のメリット

気軽に試せるという点、また他人には見られたくないデリケートゾーンなどへの照射を試せる点などが
あげられるかもしれません。


家庭用脱毛器のデメリット

効果をあげるために何度も使用しなくてはいけない事、機器によっては痛みが強い事
また効果が一時的であることなどがあげられます。
交換にかかる部品などを考えたらコスト的には、医療機関で受ける脱毛とあまり変わらない
との声も聞きます。
何より皮膚に関するトラブルがすべて「自己責任」になってしまいますので
この辺りを注意した方がよさそうです。
根気を持って長い期間、ケアし続けるという意志が必要になります。
自分一人では照射しづらい部位や確認しづらい部位へ、正確に当てるために鏡に写す
工夫などの苦労もあります。脱毛の経過を楽しめる人(一時的ではありますが)には向いているかも。

Profile

平成23年 3月 藤田保健衛生大学医学部卒業
平成23年 4月 順天堂大学付属順天堂医院
平成27年 6月 フェミークリニック勤務
平成28年 2月 池袋フェミークリニック院長 就任
         

最新脱毛ニュース

2014年12月22日

クラシエ ホームプロダクツの調査によると、ワキを「毎日」処理する女性は11%で、週1以上の頻度で自己処理をする方は59%…という結果であることが明らかになりました。 また、足のムダ毛処理も、週...

2014年12月08日

毎日のムダ毛処理って結構面倒ですよね。 カミソリで剃ると肌が荒れてしまうし、抜くのは痛い上に肌への負担も大きく、抜いた毛穴から更に太い毛が生えてきてしまうデメリットもあります。 でも、もしロー...

2014年11月24日

家庭用脱毛器を製造・販売するホーム・スキノベーションズ・ジャパンは、20歳〜40歳未満の女性661人を対象にインターネットにて「ムダ毛処理に関する調査」を実施、その調査結果によると「ムダ毛処理...

2014年11月10日

最近では、小学生でも高学年ともなれば『むだ毛』を気になりだす子が多いそうです。 小学生とはいえど、女の子は誰しも気になる『むだ毛』…。 子どもの肌のことや、濃くならないことも考えて、慎重に行う...